home   about   seakayak    skindiving   blog   contact  
 

Little Lifeについて

 
加計呂麻島で田舎暮らしを楽しみながら、シーカヤック、シュノーケリング、スキンダイビングのガイドツアーとスクールを行なっています。自分が参加してみたいツアーとスクールを心がけています。
 
私たちは、アウトドアツアーサービスを生業とし、自由で豊かなライフスタイルを提案しています。
 
 

ライフスタイル

小さい古民家に暮らして、必要以上のエネルギー、物、情報をできるだけ削ぎ落とし、質素に楽しみながら暮らしています。
そして、この小さな島から渡り鳥のように旅をしています。 
 

楽しむ

仕事で海の案内をしていますが、休日もほとんど海に出ています。
カヤックフィッシング、素潜り、水中撮影、生物観察、どれも魅力は無限です。
結局、海で遊んでいると仕事も食生活も豊かになるのでした。
天候が悪い日は、音楽聴いたり、映画観たり、コーヒー飲んだり。
 
 
 

 

野菜やハーブを家庭菜園から、魚は目の前の海から、生きている状態で手に入ります。
熱帯魚をイメージする方も多いのですが、カツオ、カンパチ、アオリイカ、キハダマグロも釣れたりします。海からいただくのは、おいしい魚を食べる分だけ。
新鮮な食材とどっさりあるレシピ本を使って、様々な料理を作っては喜んでいます。
鮨、ポルトガル料理、バスク料理、ベトナム料理などなど。

 
 

旅することはとても重要だと考えています。
加計呂麻島の良いところ悪いところは、離れないと見えないと思っているし、旅行者の目線にならないと、観光業で良いサービスはできないとも考えています。
そして、旅先では地元の人とのふれあいを何より大切にし、旅先から真空パック状態で文化を持ち帰り、生きている文化を暮らしに取り込むことが豊かな生活に繋がる。
海の旅が多いのですが、街歩き、食べ歩き旅行もします。

 

世界の地元の人との交流が得意なHiromiです。

アクティビティー

Little Lifeのアクティビティーは、初心者の方や、お子様連れのファミリーまで参加できる優く丁寧な内容です。
信頼できる本物のアウトドアギアを使い、落ち着きのある雰囲気の中に確実な技術と知識が備わったツアーとスクールを志しています。
それは、お子様や初心者の方が自然環境の中で安全に楽しく正確にアウトドアスキルを身につけられる近道でもあります。
少しでも、技術や知識を学べるようにサポートしてご案内しています。
 
コース内容は、楽しむためのTOURSと身につけるためのLESSONSに分かれています。
安全性を優先したツアーですので、ハードなエクスペディションなどは行っていません。
素敵なお客様同士が、優しい雰囲気で繋がれるツアーでありたいと心掛けています。
 
私たちは、加計呂麻島だけではなく、トンガ王国、ハワイ島、ロタ島、フィリピンの秘境など自分たちが魅力を感じる世界の海をご案内する海外ツアーも開催しています。
野生のイルカやクジラと一緒に泳ぐという、人生に強烈なインパクトを与える夢の冒険をサポートをしています。

TOURES

 
 

LESSONS


 ※ Little Lifeでは、高品質の水中眼鏡をはじめ、信頼できるギアのみレンタルでお貸ししています。
ホームセンターレベルのシュノーケリングギアは、不具合が多いため購入しない様にご注意して下さい。子供用の道具など購入予定の方はご相談ください。
※ 全てのコースで、インストラクター保険に加入しています。一般的な掛け捨て保険とは違い、高額保険サポートされています。
※繁忙期はSeakayak&Snorkelingツアーのみの開催になります。 

 

Hiroyuki Amano

 
畑で野菜を育て、魚を釣って、食べる。というよくある田舎のライフスタイルを深く掘り下げることに興味を持ち、難解な方法でトライしています。
シーカヤックフィッシングにより、スローピッチジャークという極めて遊びの要素が高い釣り方にこだわり、季節の旬の魚を狙いすまして釣っています。上手くいかない釣りも多いけど・・・
 大学時代、体育会系潜水クラブでスキューバと素潜りを徹底的に身につけさせられ、気がつくと海の世界に。
 
海洋生物の分類と生態行動の観察、水中撮影をライフワークにしています。

Hiromi Amano   
 

 
小さな頃から街中よりも自然の中に身を置くことが大好きで、いつか田舎で静かに暮らしたいなと思っていました。いろんなご縁が繋がって、ここ加計呂麻島で暮らすこととなり、優しい島のみなさん、素敵なお客さまに支えられ、海のスキルや島暮らしのアレコレに磨きをかける日々です。
この多様性に富む美しい加計呂麻の自然を大切に、持続可能な暮らしを続けてゆきます。
 
 Three-i Skindiving Instructor
店主でもありますよ。
  blog ぷかぷかりんごだより も見てね。