荒れた天候で、いかに引き出しがあるか

ここ数日、南西の強い風が吹く加計呂麻島。

僕のホームグランドは加計呂麻島の外海で南西の風にとても弱い。つまり風も波もまともに受けて荒れた海となる。

なので、ポイント選びと1日のコーディネートがとんでもなく難しくなる。

穏やかならどこでも良いというなら、大島海峡の適当な場所へ案内すれば良いのだが、Little Lifeのコンセプトは、僕自身が綺麗だと思う場所へお客様を案内するので、適当な場所を選ぶぐらいならクローズする。

そんな駆け引きの中、追い込まれた状況でご案内したゲストから『とっても綺麗でした!』なんて言っていただけたら、そりゃ最高に嬉しい。

そのギリギリのラインのガイドが連日続いていて、振り絞っている。

平穏な状況では、加計呂麻島の海は誰とどこへ行っても綺麗で楽しい。

荒れた天候でも、いかに引き出しがあるかは、普段の積み重ねで差が出るのだとつくづく感じる。


パタゴニア