幸せのコーヒータイム

加計呂麻島の我が家では、ほとんど外食をしない。

つまり、ほとんどが自宅ご飯、自宅カフェとなる。

それなら、愛せるテーブルで、愛せる食器とカトラリーで食事やティータイムを楽しみたい。毎日毎食なんだから。

スーパー貧乏時代から、一枚だけフランス製の良いお皿を持っていて、なんでもそれで食べて喜んでいたのを思い出す。

それから、こつこつ愛せる食器が増えていった。

ずっと愛せる道具しか買わないようにしたいと思う。

愛せる道具だけに囲まれて生活できたら、きっと豊かだろう。

 

今日の加計呂麻島は悪天候なので、アナログレコードを聴きながら幸せのコーヒータイム。


パタゴニア パタゴニア