加計呂麻島の日常

誰もいないビーチで、流れる雲を眺めて、波の音が聞こえて、裸足で砂の上を歩いて、海水に足をつける。

極上の島時間は、これだけで完成していると思う。


パタゴニア