Little Lifeについて

ちいさいからできる暮らし

奄美大島のその先にある、深い森と青い海だけの静かな加計呂麻島にて、野菜、フルーツ、ハーブなどをオーガニックで育て、シーカヤックを漕いで海の上を自由に移動しながら魚を釣ったり、素潜りでサンゴ礁の海に潜り写真を撮ったり、新鮮な食材を使い時間をかけて料理を作ったりと、自由で豊かな暮らしを楽しんでいます。
それは、小さな古民家に住み、エネルギー、物、情報にできるだけお金を使わずに、できるかぎり無駄な部分を削ぎ落とした、小さくてシンプルなライフスタイルがあるからこそできる暮らしだと思っています。

畑や釣り薪割りなどの生活に直結した仕事を大切にしながら、シュノーケリング、シーカヤックのガイドとスキンダイビングのスクールを運営しています。
加計呂麻島の神秘的な雰囲気を大切にしながら、環境に溶け込むような優しいアプローチを心がけています。

また、Little Lifeが撮影した海の写真や島の写真のデータ貸し出し、写真プリントの販売をしています。お店や会社などのイメージ写真やパンフレット、大切な方への贈り物などにご利用頂いております。
profile08.jpg

Native Interigence and Technology

私達がこれから目指す方向としては、先住民族が自然の中から生み出した智慧をできるだけ吸収し、そこにテクノロジーを融合させ、ライフスタイルに取り込んでいきたいと思っています。
月と潮、風や空の変化を繊細に感じられる感覚など、現代社会で眠っている感覚に磨きをかけながら、自然の中から食べ物を手に入れる術を身につけ、自然エネルギーでインターネットを利用したりと、適応力の高いナチュラルな暮らしを目指しています。

info.jpg

海のガイドサービスについて

Little Lifeでは、ノーゲストの日もフィールドに出て、ポイントチェック、ポイント開拓、生物調査、写真撮影などを行い、そのデータと経験を積み重ね、お客様を案内するための準備を整えています。
それに、レスキューのトレーニング、素潜りのトレーニング、ガイドコースのシュミレーションを積極的に行い、安全に楽しめるガイドツアーであり、正確な技術と知識を教えられるスクールを心がけています。

フィッシュウォッチングにもチカラを入れており、シュノーケリング中に確認できるすべての魚を把握するために精進しております。海で感じた素朴な疑問は、何でもお尋ね下さい。

※ Little Lifeではインストラクター保険に加入しています

自然の中で

めまぐるしいスピードの流れがある現代社会では、過剰なストレスを受けて心身ともに安らぐ機会も少ない状態で日常生活を過ごしているものです。
私達のナチュラルな状態は、心身ともにリラックスしているものであり、だからこそ健康でありヴァイタリティーに溢れた状態を維持できるものだと思います。
Little Lifeのツアーやスクールでは、日常生活とかけ離れた自然の中でゆっくりと流れる時間に身を委ねて、動かしたことのない筋肉を動かしたり、見たことのない景色を見たりと、それぞれのペースに合わせて優しくデリケートに新しいヴァイブレーションを提供したいと思っております。
それによって生まれる深いリラックス状態が、自然体の自分を見つめる良い機会だとも思っております。

天野 博之 Hiroyuki Amano

旅をするのが好き
ずっと海で遊んでいたい。だいたいそうしてる
焚き火で何か調理して食べるのがシアワセ
ほとんど木でできた家に住みたい。住んでいる
庭に植物を植えたりするのが趣味
どうしても必要な物しか買わない
ケミカルな物は全般的に使わない
上手く出来なくても、できるだけ自分で作る
できるだけ石油を使いたくない
Jazzとサッカーが好き
嫌いな食べ物は無い
悪そうな会社や企業にお金を落とさない
YOGAをする
調味料は良い物を使う
生活と仕事と趣味は一体化している

ブログ 加計呂麻島の自然生活-Nature Life in Kakeroma Island-

profile09.jpg

天野 宏美 Hiromi Amano

好きから始める、楽しむことを大切にする。

子供の頃から街の喧噪を離れ、自然の中で過ごす時間がとても大好きだった。
休みの日は父に連れられ、虫かごさげて里山の木々や虫に会いに行ったもの。
夏休みには山奥の祖母の家にあずけられ、山の空気を胸いっぱい吸い込んだ。
川の水は夏でもつめたく、あまくておいしいものだと知った。
そんな子供時代を過ごし大人になったら小さな村で暮らしたいと思っていた。

いろんなご縁が繋がって巡り会った加計呂麻島。静かで美しい海は、スキンダ
イビングやシーカヤックに最高のフィールド。毎日見ていても決して飽きるこ
とのない海。晴耕雨読ならぬ、晴れた日は漕いで釣って泳いで潜って耕し、雨
の日は読書お絵描き工作にご近所さんとのおしゃべりと、わりと忙しい毎日。
さらに自由で静かな世界を目指して日々鍛錬中。夢かなって始めた島暮らし。
波の音を聞きながら眠りにつけることに幸せを感じている。

畑仕事も大工仕事もお裁縫も、上手くできないこともあるけれど、自分の手で
作ることの楽しさと喜びを味わい、身の丈に合った暮らしって悪くないなあと
思っている。

小さな島での小さな暮らし。
日々の連なりを大切に、私にできる小さなことを少しずつ積み重ねています。

ブログ 加計呂麻島ぷかぷかりんごだより~flowing apple in Kakeroma Island~



profile11.jpg