ひとつの道具を使い続けるということ

Little Lifeアウトドアツアーでは、調理器具と食材を持って行き、現場で調理して食べる。場合によっては現場でアオサを取ったり、魚を釣って食べる事もある。
プラスチック製の箱に入った冷凍食品ばかりの揚げ物弁当は、味も悪けりゃゴミも大量に出る。

それにアウトドア用のガスストーブも1年間ツアーで使ったとしたら、大量のガス缶のゴミを生み出してしまう。

僕も旅先の軽装キャンプではガスストーブを使用する事もあるが、日常のツアーでは、ガソリンや灯油を自分で詰め替えできるMSRドラゴンフライを愛用している。
こいつはジャジャ馬でタフな手強い道具だが、メンテナンスを細かく自分でできるので、使えば使うほど使い勝手が良くなってきて愛着も増す。
カヤックも水中メガネも足ヒレも同じで、フィールドでは信頼できる道具を使わなければならない。

Little Lifeでは、ツアーで使う道具も内容も些細な部分までこだわって改善を繰り返したいと思っています。

※写真 夏はほぼ毎日使用で8年ぐらい使っている燃料ボトル。これがもしガス缶だったら恐ろしいゴミの量になる。


パタゴニア パタゴニア