シマアジその後

image

お刺身

まず何もつけないで食べてみます。すると、魚の身の味の個性がはっきり感じられます。香り、脂の質、酸味など、この段階で、熟成塩梅を確認します。

醤油、カケロマの塩、ユズ醤油などで楽しみました。

image

sopa de peixe

タマネギをオリーブオイルで炒めて、シマアジの頭をグツグツ煮たスープを注ぎ、タイム、スイートマジョラム、トマトを加えて煮込んだスープ。

最後にイタリアンパセリを散らして、パンとルイユも一緒に。

image

みそ汁

北海道の真昆布の出汁とシマアジのアラでとった出汁を足したみそ汁。

自家製小松菜も入れて。

image

腹、背、酢で締めた身、それぞれ鮨を握りました。

酢飯との相性は抜群です。流石オオカミ

image

サンちゃんもシマアジをいっぱい食べて、満腹満福。

おやすみなさい。


パタゴニア パタゴニア