加計呂麻島シーカヤック&シュノーケリングツアーLittle Life

奄美加計呂麻島の海・四季の変化

奄美加計呂麻島の海・四季の変化

「奄美大島、加計呂麻島へ旅行するならいつ頃が良いのですか?」
「私、雨女だから雨だったのかしら?」
「いつも、海が荒れていて天気悪いんです。」
そんな話が、いつも観光のお客様と交わされています。

実は、一年の半分ぐらい天候が不安定で雨天曇天が多いのです。
知ってましたか?
南国で晴れているイメージじゃないですか?

奄美大島、加計呂麻島の天候対策

例えば、6月や2月の加計呂麻島は太陽が出ないのが日常的、時には信じられないほど雨が降ったりします。
風が強い日が多い冬のシーズンは、フェリー加計呂麻は欠航の連続、旅のプランは思い通りになりません。
そんな手強い天候の加計呂麻島、四季の傾向を踏まえれば、悪天候に当たらない確率は上げられます。

天気なので当たらないですが、確率と傾向があります。
8月と6月では雨が降る確率は何倍も6月が高い。
風が強い確率は、10月より1月2月の方が何倍も高い。

つまり雨女さんは、雨が降る確率が高い時期に旅行していたら晴れ女になれる確率は下がる一方。

そこで、海で遊ぶことに重点を置いた、季節の傾向を紹介したいと思います。

「南国だから3月には海に入れるんじゃないの?」と思っていませんか?
3月は12月より水温も低く、海の中は真冬なんです。
目安としては、陸上の季節感より2ヶ月遅れると思ってください。
陸上の3月は、海の1月という感覚です。
理由は、海水温が温まるのも冷めるのも時間が掛かるからです。


4月~6月

海水温 20度~25度

4月は北から南まで風の向きが変化しやすく、GWを境に南風が増えてくる。
6月~7月上旬の豪雨と強い南西は、年間で一番透明度も下がります。
梅雨時期は海遊びには手強い季節ですが、この栄養分を糧に生き物が活性化する季節でもあります。
ピンポイントでGW後半から梅雨入りの5月15日前後まで良い日が続きます。


7月~9月

海水温 25度~30度 (8月下旬から9月上旬に年間最高水温になる。)

7月中旬まで南西の風が強い、九州の梅雨が明ける頃から南東で落ち着き始める。

8月9月は南東の風で安定。
梅雨明け同時は、天気は晴れますが風が強い傾向にあり、泳げるエリアが限られます。

台風を心配する方が多いですが、意外と当たらない年は、当たらない。
台風は前もって情報も分かるので対処もしやすいです。
ところが、6月~7月上旬の豪雨と強い南西は、突然やって来たり、嫌になるほど続いたりします。


10月~12月上旬

海水温 28度~24度

10月は南東の風で安定していて、11月過ぎると北西の日が増えてくる。
ベストシーズンがいつか聞かれたら、私は秋のシーズンとお答えします。
風が安定して、海の透明度も上がります。
魚も釣れて、海も美しい、最高です。
11月に入ると北西の吹く日が増えて来ますが、冬に比べればやさしいです。


12月中旬~3月

海水温 23度~19度(3月が年間最低水温になる)

主な風向きは北西、西側は大きなウネリのある日も多い。
世の中の冬は、加計呂麻でも冬です。
関東より気温は高いですが、北西の風が強く、海も荒れる日が増え、
雨天曇天の日が多いです。
それでも、週に1日か2日良いお天気の日があって、それが有難いので必ず海に繰り出します。
つまり、週5日悪いです。
3月は風向きが変化しやすく、1日で360度回ることさえある。要注意
3月、海は冷たいですが、気温が暖かいので、風が強い日でなければ比較的海で遊びやすいです。


ここ数年、奄美の天候も温暖側に傾いてきています。そのため、今までの季節の傾向が一致しなくなってきています。
このページの情報は、気が付いた点など書き換えてアップデートしていきます。
奄美大島、加計呂麻島は、天候次第で安全に楽しめる旅行プランが大幅に変わってきますので、天候を気にしながら安全にご旅行を楽しんでしただけたらと思っています。


海の旅へ出かけませんか?

CTA-IMAGE シュノーケリング、スキンダイビング、シーカヤックという自然体で風景に溶け込む方法で、海の楽しみ方をご案内してるアウトドアツアーです。 確実な信頼関係とサポート体制があるネイチャーツアーです。 お子様連れのファミリー、初心者の方でも参加できる親切丁寧なツアー内容となります。